靴の中敷の作り

最近13cmの靴がきつくなってきた娘のために母が14cmの靴を3足買ってくれました。

たった1cmの差なのに随分と大きいらしくパカパカしています。

・・・でも13cmだときつい。

そこでいい感じになるように中敷を作ることにしました!

いつもは作ってから「あ、製作過程の写真撮ればよかった…」と後悔していますが、

今回は違います。ちゃんと撮りました!笑

靴の中敷の作り方(準備するもの)

まず、準備するもの。

いらない紙、フェルト、ハギレ

①型紙作り

紙の上に靴を置き、靴の周りに沿って線を描きます。

書いた線より少し小さくなるように内側をハサミで切ります。

切った型紙を靴の中に入れて、綺麗に収まるように微調整します。

靴の中敷の作り方(型紙作り&裁断)

②裁断

完成した型紙をフェルトに当ててペンで輪郭を

写します。

かいたせんより1周り大きくなるようにザックリ

裁断します。

今回は4重にしました。

外側を覆うハギレは型紙より2回り大きくなる

ようにカットします。

靴の中敷の作り方(フェルトを縫う)

③フェルトを縫い合わせる

まずはフェルト4枚のみを線に沿ってミシンで

縫い合わせます。

塗った線より1mm外をハサミで綺麗に

切り揃えます。

靴の中敷の作り方(ハギレで包む)